パーソナリティ障害

パーソナリティ障害

パーソナリティ障害のグレーゾーンについて

パーソナリティ障害とは、診断基準に基づいて診断されるものです。診断基準は複数の症候を満たすことで診断される形式です。そのため、いくつかの症候を満たすけれど、診断基準を満たすには至らないグレーゾーンのケースがかなり多いのも事実です。こうしたパ...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害とパーソナリティスタイル

パーソナリティ障害を抱えて苦しんでいる人も、パーソナリティ障害の実態を学んで、病識を持ち、背景にある認知の歪みを解消していくことで、しだいに症状が緩和されて、目立たなくなり、最終的にはまった平穏な社会生活、家庭生活がおくれるまでに改善するこ...
パーソナリティ障害

愛着障害を癒せばパーソナリティ障害も改善する

自閉症スペクトラムの患者に、オキシトシン点鼻薬を投与すると、コミュニケーション能力が改善したとする研究が米医師会雑誌に発表されました。東大医学部の研究報告です。つまり、発達障害のコミュニケーション能力の改善の鍵を握るのは、オキシトシンだとい...
スポンサーリンク
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害と引きこもりと国の政策

引きこもりが100万人を超えて増えています。社会的孤立をしている人は1000万人もいるといわれています。いまの時代は、人と人とのつながりが希薄になっているのです。それが、他者への共感を欠乏させて、他者の痛みに無関心、無感動になることを加速さ...
パーソナリティ障害

引きこもりとパーソナリティ障害

引きこもりになりやすいパーソナリティ障害は、境界性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害、回避性パーソナリティ障害、シゾイド型パーソナリティ障害、回避性愛着障害などです。 他者との関係がうまく構築できない境界性パーソナリティ障...
パーソナリティ障害

「低い自己価値」「見捨てられ不安」の解消

パーソナリティ障害を持つ人の多くが抱えている認知の歪みとして、「低い自己価値」「見捨てられ不安」があります。この二つの認知の歪みは、多くのパーソナリティ障害に見られるばかりではなく、発達障害の傾向がある人も持っていることが多いです。パーソナ...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害は著しく偏った考えを持つ

パーソナリティ障害は、精神障害がないが著しく偏った考え方を持つために対人関係がうまく作れないというものです。衝動性、感情の強さや幅、出来事に関する考え方、対人関係の取り方などが著しく偏っているのです。大きくは、A群、B群、C群の三つに分けら...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害は非認知能力が低い

パーソナリティ障害の人の特徴として、非認知能力が低いということがあげられます。非認知能力とは、数値化できない人間としての生きる力を意味するものです。対人関係を築く力や、くじけない力や発想を転換したり、物事を別な面から観察できる力などの諸能力...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害は治るのか?

パーソナリティ障害で悩んでいる人の多くが持つ疑問として、パーソナリティ障害は果たして治るのか、治せるのか、という疑問があります。古い精神医学では、人間の性格というのは簡単には変化しないものであり、「性格は治らない」といった表現がなされること...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害と仕事について

パーソナリティ障害を抱える人から、こんな相談を受けることがあります。「採用されたとしても、うまく働く自信がありません。面接に行って不採用だったら、私はホッとするのです。働くことに逃げ腰なんですが、どうしたら良いでしょうか。うまく仕事をこなせ...
スポンサーリンク