アンチエイジング

アンチエイジングによい食材、麻の実

麻の実は、アンチエイジングにたいへんよい食材の一つです。麻の実を多く食する地域では長寿の人が多いことが知られています。中国では、長寿村のひとつ巴馬地区で麻の実から圧搾した麻の実をお粥で常食しています。麻の実には、若返りに不可欠な必須脂肪酸(...
アンチエイジング

レスベラトロールでアンチエイジング

細胞にあるサーチュイン遺伝子を発動させて活性化させるレスベラトロールを化粧水に配合すると、その成分が皮膚からしみこんでいきます。レスベラトロール成分が浸透することでぷるぷるのお肌がよみがえるのです。アメリカの大学の研究では、認知機能が向上し...
パーソナリティ障害

演技性パーソナリティ障害

演技性パーソナリティ障害とは、周囲の人から注目されていたい、自分に関心を持ってもらいたい、という欲求が異常なまでに強く、周囲からの関心や注目を引くために、身体的な自己顕示に精神力を注力していく行動様式をとるものです。行き過ぎたパフォーマンス...
スポンサーリンク
サイコパス

潜在的攻撃性パーソナリティ障害

潜在的攻撃性パーソナリティ障害とは、2010年に、アメリカの心理学者ジョージ・サイモン氏が提唱したパーソナリティ障害の一つのタイプです。サイコパス、あるいは反社会性パーソナリティ障害、あるいは自己愛性パーソナリティ障害の範疇に含まれている一...
自己愛性パーソナリティ障害

パワハラ上司とパーソナリティ障害

パワーハラスメントは、パワハラと略称され、人権侵害であるとの認識がようやく広まりつつありますが、この十年で報告件数が八倍に増加するなど社会問題化しています。パワハラは、上司から部下へのものだけではありません。同僚からのものや部下から上司への...
自己愛性パーソナリティ障害

妄想性パーソナリティと自己愛性パーソナリティ

妄想性パーソナリティ障害とは、他者への猜疑心が異常に強く、被害妄想、猜疑心、疑心暗鬼になり、周囲の人々を極端に疑い、妄想的思考をどんどん膨らませて、それに基づく言動を繰り返すというもので、人間関係を破綻させ、周囲から孤立する結果を招くパーソ...
境界性パーソナリティ障害の原因

幼児期の環境が境界性パーソナリティ障害をつくる

境界性パーソナリティ障害の人は、最高から最低へ気分が揺れ動く傾向があります。対人関係の中で、相手のちょっとした言葉に反応して、その些細なひとことによって、最高に幸せな精神状態だったのが、突然、最悪の気分になり、死にたくなるほどの最低の精神状...
パーソナリティ障害

「うつ病」になる原因とパーソナリティ障害

最近毎朝、目が覚めると憂鬱な気分になり、沈んでしまい不安な気持ちになって朝がとてもしんどくて困るという症状は、うつ病でしばしば認められる症状です。この症状で、メンタルクリニックや心療内科を受診すれば、うつ状態、もしくは「うつ病」と診断され、...
愛着障害

パーソナリティ障害や境界知能や愛着障害でも恋愛できる

パーソナリティ障害と境界知能の関連性については、まだ研究が進んでいないのが現状です。しかしながら、境界知能そのものについては、「ケーキの切れない非行少年たち」という本がベストセラーになるなど、しだいに世間に知られるようになってきています。そ...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害を克服して結婚する

パーソナリティ障害のある人で結婚の願望がなかなか叶わず、苦悩している人は多いです。境界性パーソナリティ障害の場合は、見捨てられ不安が強く、自己価値が低いため、そもそも恋愛の段階で失敗しがちです。また、自己愛性パーソナリティ障害の場合は、自己...
スポンサーリンク