境界性パーソナリティ障害

攻撃しながらも承認を求める境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の患者とのかかわりは、医師や看護師にとっても、緊張を伴うものです。 家族はさらに精神をすり減らします。友人や恋人はもっと大きな被害を受けます。 境界性パーソナリティ障害の患者との出会いは、あらゆる医療従事者にとっ...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害の10タイプ

「パーソナリティ障害」とは、性格の偏りがあまりにも 激しいために、周囲を苦しめるだけではなくて、自分自身も苦しんでしまう状態です。 それは日常生活にまで大きな差しさわりがあるものをさします。 ちょっと性格に偏りがあっても、日常生活...
情緒不安定性パーソナリティ障害

情緒不安定性パーソナリティ障害の原因と治し方

情緒不安定性パーソナリティ障害という診断をされる人も増えてきていますが、 実質的には境界性パーソナリティ障害と同じものと考えてよいです。 なぜ、このような名称の混乱がおこるのかといえば、診断基準が何度も変更されているからです。 情緒不...
強迫性パーソナリティ障害

強迫性パーソナリティ障害は他者を束縛し支配する

世間に増えている困った人たちの多くは「パーソナリティ障害者」であると考えられます。 モンスター親、モンスター患者、人間、強烈なクレーマー 、ストーカー、 まわりを振り回す非常識な人、責任転嫁ばかりする人などの多くは、 いずれかのパーソ...
接し方

パーソナリティ障害の人への接し方

パーソナリティ障害と二分思考 パーソナリティ障害について知っておきたいことの中でも、接し方というのは 非常に重要です。パーソナリティ障害の人にどう接するかによって、 周囲の人の受けるストレスも大きく変わるからです。 パーソナ...
境界性人格障害 症状

境界型パーソナリティ障害と他責傾向

境界型(境界性)パーソナリティ障害のさまざまな症状の根源は人格の形成がアンバランスで幼児的素因が成長後も残っているという人格の未熟さにあり、改善する道はこの未熟さを解消することです。人格障害のある人の最大の特徴は、認知、感情、対人、衝動性の...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害が増えている理由

日本でも人格障害(パーソナリティ障害)の人が増えている パーソナリティ障害というのは、障害という名称から受ける印象が、 精神障害のように受け取られることも多いですが、人格の未成熟な状態であり、 人格の成熟により症状が緩和されていく...
境界性パーソナリティ障害

ササッとわかる「境界性パーソナリティ障害」

境界性パーソナリティ障害治療についてよくわかる本です。どのように接していけばよいのかがわかります。京都医療少年院に長年勤務されていた経験豊富な精神科医である岡田尊司さんが治療の心構えから、円滑に人間関係を育てる周囲の接し方まで、障害を個性に...
境界性人格障害 症状

被害者意識が境界性パーソナリティ障害の対人関係を困難に

境界性パーソナリティ障害の人は、対人関係がことごとくうまくいきません。その最大の理由は、何でも人のせいにするからです。自分はいつでも被害者の立場に立とうとし、あの人のせいでこうなった。この人にこんなひどい思いを味わわされた。といったことばか...
境界性パーソナリティ障害の原因

愛着障害が境界性パーソナリティ障害の誘因になる

境界性パーソナリティ障害について原因は、まだ十分に明らかではありませんが、その背景に愛着障害があることがわかってきています。愛着障害というのは、愛情不足のために人間不信や不安を生じ、他者との関係性の構築が適切にできないものをさします。発達期...