kanako

境界性人格障害 症状

人格障害とパチンコ依存症

境界性パーソナリティ障害の人には、パチンコ依存症や薬物依存症などの依存症状に苦しむ人が多いです。パチンコは、依存性があることは医学的にも証明されており、病名、パチンコ依存症として確立されています。孤独感や虚無感をパチンコや薬物でまぎらわせよ...
人格障害を予防するには

境界性パーソナリティ障害と引き寄せの法則

日本の自己啓発系分野での大きな一角を形成してブランド化している作家、松下幸之助氏や中村天風氏、安岡正篤氏など。もう一世代前では『西国立志編』の中村正直、その前は吉田松陰。こうして時代、時代に、人々の意識高い方向へ導く導師が出現するのもこの日...
愛着障害

「親切」は驚くほど体にいい

オキシトシンというホルモンの働きについてご存知でしょうか。幼児期にオキシトシンが不足すると、愛着障害そしてパーソナリティ障害になりやすいともいわれており、オキシトシンはメンタルの健全化に重要なホルモンです。人に親切にするたびに脳内で分泌され...
スポンサーリンク
依存性パーソナリティ障害

依存性パーソナリティ障害

パーソナリティ障害と診断される人が増加しています。 医療機関にかかって診断される人はその一部であり、たいはんのパーソナリティ障害の人は、 自分のことがよくわからないまま悩みを抱えて生きています。 最近耳にする「恋愛依存症」は実は依存性...
境界性パーソナリティ障害

見捨てられ不安の克服と境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の人にとって、愛する人から見捨てられることがもっとも恐れるべき事態となります。そのため、その事態を避けようと、ときに信じられないような挙動に出ることもあるのです。しばしばみられるのが、自殺をほのめかしたり、リストカッ...
接し方

愛した人がBPDだった場合

境界性パーソナリティ障害の人を配偶者や恋人に持つと、BPD(境界性パーソナリティ障害)によるさまざまな異常行動にふりまわされることになります。BPDを持つ人の中には、社会的な立場を獲得していて、社会で成功しているような人もいます。社会的機能...
愛着障害

回避性愛着障害

少子化や晩婚化が、社会的に急増している背景は、回避性愛着障害をもった人が増加しているためです。愛着障害とは、幼児期から思春期にかけて、両親からの愛情や共感的コミュニケーションを十分に受けることができないために起きてきます。その中でも回避性愛...
BPDは治せる

大笑い! 精神医学

精神医学の矛盾点を明確に指摘した本が次々に出版されているようです。精神医学では、心の不都合を薬でコントロールしようとします。境界性人格障害の治療でもこの流れは適用されます。本来は、認知行動療法をはじめとする心理療法を用いて、未熟なままになっ...
BPDは治せる

境界性パーソナリティ障害―日本版治療ガイド

境界性パーソナリティー障害の日本における治療ガイドとしてまとめられている本が出ています。日本版治療ガイドラインとしての書籍です。日本で臨床現場の医師の智恵が本書で学べます。未熟な人格を育てていくための心理療法が欧米でも次々登場してきています...
BPDは治せる

境界性パーソナリティ障害は治せる

境界性パーソナリティ障害の人が身近にいると、周囲の人々は困惑することが多くなりますが、患者自身もまた、たいへんな苦しみを抱えているものです。「見捨てられ不安」という特有の心理状態がこの病気の問題行動の根源にあります。境界性パーソナリティ障害...
スポンサーリンク