kanako

境界性人格障害 症状

境界性パーソナリティ障害の恋愛

恋愛が長続きしないのが境界性パーソナリティ障害の特徴の一つです。そもそも自分に自信が持てないという精神状態から恋愛をするので、いつも見放されるのではないかと不安をかかえています。恋愛が深まるにつれ、気分にムラがあり、落ち込みやすいなどの不安...
境界性パーソナリティ障害

B群パーソナリティ障害

B群パーソナリティ障害の中には、演技性パーソナリティ障害、境界性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害の四種類が含まれます。このグループは、周囲の人を巻き込んで、対人関係に大きな問題を引き起こしやすいグル...
二分思考

ジキルとハイド

ジキルとハイドという物語は、人格がまったく違う2つの側面をもつ、人に対しての比喩として、しばしば用いられます。境界型パーソナリティ障害においても、これにきわめて良く似た現象がみられます。まるで、ジキルとハイドのように言動がころころと変わるの...
スポンサーリンク
情緒不安定性パーソナリティ障害

情緒不安定型パーソナリティ障害との接し方

情緒不安定型パーソナリティ障害とは、境界性パーソナリティ障害とほとんど同義の分類です。この種の患者との接し方の第一は、変わらないスタンスを維持することです。同じスタンスで向かい続けることを心がけることが大切です。これは相手に安心感を与えてい...
接し方

心の安全基地が人格障害を癒す

境界性パーソナリティ障害や情緒不安定性パーソナリティ障害の改善には、支えてくれる人の存在は不可欠です。親であったり伴侶であったり恋人であったりする支え手がいると、改善する機会がめぐってきます。不安定な愛着つまり愛着障害が根底にあって発症した...
二分思考

境界性人格障害の二分法的認知の原因

境界性パーソナリティ障害を発症する最大の原因とみられているのが愛着障害です。愛着障害とは、幼児期に虐待や束縛や放置などの仕打ちを親から受けた結果、愛情欠乏状態になって健全な自我が育成されないものです。冷たい冷酷な親ばかりがこの愛着障害を引き...
境界性人格障害 症状

境界性パーソナリティ障害の根底には愛着障害がある

境界性パーソナリティ障害の根底には愛着障害があります。その深い心の傷から、不安定な愛着の人におこりやすい精神疾患を併発することがあります。うつ病や不安障害、依存症、摂食障害などがあります。依存症は、薬物依存、アルコール依存、ギャンブル依存、...
人格障害を予防するには

人格障害の増加を食い止める少子化対策とは?

人格障害(パーソナリティ障害)が、幼児期から思春期にかけての生育環境、特に両親、保護者にどのように接してこられたかが、重要な要素となって、発症していることがわかるほど、親学や子どもの育て方についての正しく普遍的な情報を普及させることが、社会...
境界性パーソナリティ障害の原因

境界性パーソナリティ障害は突然に発症する

それまでふつうに暮らしていた人が、ある出来事をきっかけとして急激に情緒不安定となり、リストカットやOD,自傷行為を繰り返すというのが、境界性パーソナリティ障害ではしばしばみられる発症のパターンです。このような発症のメカニズムについては、現在...
境界性パーソナリティ障害の原因

虐待や心的外傷が境界性人格障害を誘発する

幼児期に両親から愛情を充分に受けられず、心に傷ができると境界性パーソナリティ障害になりやすいことがわかっています。幼児期に片親しかおらず、ゼロ歳児保育やベビーシッターに預けられて、充分な母子の接触がなかった場合に多くなります。母子家庭で母親...
スポンサーリンク