パーソナリティ障害や境界知能や愛着障害でも恋愛できる

パーソナリティ障害と境界知能の関連性については、まだ研究が進んでいないのが現状です。しかしながら、境界知能そのものについては、「ケーキの切れない非行少年たち」という本がベストセラーになるなど、しだいに世間に知られるようになってきています。そして、境界知能の傾向があれば、パーソナリティの健全な発達が妨げられることは、避けられないともいえますので、パーソナリティ障害の問題を考えるうえでも境界知能に関する知見は重要となってくるでしょう。

ホルモンの働きと恋愛

恋愛においては、付き合う前と、付き合いだしてからとでは男女の内分泌に変化があることを御存知でしょうか。恋に落ちた直後の段階では、男性ではテストステロン濃度は低くなり、反対にオキシトシン濃度が上昇します。テストステロンは男性ホルモンであり、性衝動を促すホルモンでもあります。またオキシトシンは愛情ホルモンとも呼ばれます。恋人との結びつきをできるだけ早く強固なものにするために男性のホルモンはこのような変化をするのです。つまり男性はやさしさにあふれて、物腰がやわらかく穏やかになります。これに対して、女性は恋人ができたと感じた瞬間から、テストステロン濃度が上がっていきます。つまり、積極的になるのです。この状態はせいぜい3~9カ月ぐらいしか持続しません。オキシトシンは抱きしめホルモンとも呼ばれ、人と人が強い愛情で結ばれる時に、このオキシトシンが作用しています。大好きな人といっしょにいると、胸が熱くなるような、何ともいえない気持ちになりますね。それはオキシトシンの作用です。恋に落ちたときのオキシトシン濃度は、男性より女性のほうが高いことがわかっています。女性のほうがすぐ相手に夢中になる傾向があるのは、このためだと言われています。体内のオキシトシン濃度が上がるほど、愛情が豊かになって、相手とのきずなが深くなる。抱きしめる、抱擁するといった行為が、オキシトシンの分泌に大きな影響を与えていることに注目しましょう。好きな人の気持ちを早く射止めるには、できるだけ、早期に、頻繁に抱擁する、ハグするという行動を積み重ねると良いのです。手をつなぐ、手をにぎる、手に触れる、肩や腰にふれる、髪に触れる、という接触でも効果があります。

愛着障害の人が持つトラウマ

幼児期に両親から受けた虐待や、言葉の暴力によってできあがった「禁止令」、成長したあとでショックなことがあったためにできあがった心的外傷、そして前世の自分が強烈に味わった苦痛や悲しみに由来する前世のトラウマなど、さまざまなものがあります。禁止令というのは、インナーチャイルド(幼き自分の意識)が呪縛にかかるもので、愛着障害で多くみられます。これは一種の催眠です。催眠にかかったまま成長するようなものです。具体的には「私は幸せになってはいけない」「私は存在価値を認められてはいけない」「私は幸せな家庭を築いてはいけない」「私は富や成功を手にいれてはいけない」「私は理想的な相手と結婚してはいけない」などなど実にさまざまな禁止令が存在しています。この命令は無意識にかけられており、自分で自覚して、この呪縛を解除しないかぎり、無意識の行動を支配して、恋愛や結婚、対人、親子関係をしばります。禁止令ほど強くなくてもトラウマも強烈な場合があります。これは、その実態を思い出し、いわば見破ることで、解除の力が生じていきます。この禁止令の反対のメッセージを伝えることが重要です。

異性との関係を好転させるもっとも重要な会話の心がけ

「ほめる・認める」です。男性は、プライドの高いところがあり、ズケズケ言う女性は嫌われます。ものごとはオブラートにくるんで表現する配慮が必要です。同時に、批判などをしない心がけも大切です。どんなときでもニコニコしている女性や、ふんわりと包み込んでいける女性は癒しのパワーでモテモテです。一緒にいるといい気分になれて安心できる相手は男女とも人気です。男性をむやみに否定せず、「そうなの」「すごい」と相手を持ち上げる余裕が大切です。異性を心からほめようと思ったら、話の内容をよく聞いて理解を深める必要があります。「すごいなぁ」「もっと話を聞きたいなぁ」という気持ちがいつでももてるためには、相手への関心がなくてはできません。これが欠如して、言動が自己中心的な人は、異性にもてないのです。男性に限らず誰でも自分の話を聞いてもらいたいと思っています。相手の話をつまらなさそうにきく人は、異性からも同性からも敬遠されることになるのです。愛着障害は親の愛を十分に受けられず自我が未熟で恋愛や結婚に障害がある性格傾向ですが、正しい方法で自我を育てコミュニケーション術を学ぶと幸せな恋愛と結婚ができるようになります。

異性のニーズを満たすには

理想の伴侶を手に入れるためには、魅力的な自分を作る必要があります。婚活をしても、なかなか結婚できない女性はどこに問題があるのでしょうか。実はその秘密は、自分をどうやって、相手に売り込むか、という発想にあります。合コン、紹介、どんな形でも、あなたが魅力を感じる男性に、あなたを選んでもらうためには、どうすれば良いでしょうか。それは、あなたという価値を、男性にしっかり伝えること。その秘密はマーケティング理論から考えることもできます。「私」という商品を、「理想の夫」という顧客に売る発想です。人間心理を理解し、魅力を伝える方法があります。最初にすべきことは、あなたが「結婚」に「本当に求めているもの」を明確にすることです。結婚してどんな幸せを創造するのかです。これがしっかりわかれば、次はパートナーの像を定めます。「本当に求めているもの」をかなえてくれる男とは、どんな男なのかを明確化しましょう。その外見、年齢、性格、仕事、価値観、収入、趣味などなど。ターゲットとなる男を見つけたら、まずは営業トークです。そして、相手のメールやフェイスブックからニーズを探って、「他の子とは違う」自分を差別化して売り込みます。

愛着障害の心を自然に開くコミュニケーション

幸せな男女の結婚が増えるためにはコミュニケーション力を高めることがもっとも重要です。コミュニケーション力が低い女性は、男性のハートを射止めるためには、男性の心を癒せるような、会話のテクニックを学ぶことが大切です。ところで、日本は、少子化であるとされていますが、その一方で、ワーキングプアのために、結婚できない、子供を育てられない、といった人が増えています。いま、安価な労働力として外国人の労働者をたくさん入れようとしているようですが、外国人が増えれば、必ず治安が悪化します。これは、スウェーデンやドイツでもそうなっています。そして平均賃金が下がり、平均年収が下がる悪循環が社会に蔓延します。安易な外国人受け入れで日本が住みにくい国になれば結婚して、子供を育てることができない男女が増えることになります。外国人を日本に入れることをやめて、日本人の賃金を上げれば、ワーキングプアも減り、幸せな男女の結婚も増えるでしょう。

あわせて読みたい関連記事: