見捨てられ不安と情緒不安定性人格障害

見捨てられ不安症という名称は一般的ではなく、これは境界性人格障害にしばしば見られる「見捨てられ不安」のことです。 離婚をする原因にパートナーが不安が強い、自己否定が強い、という原因で、夫婦仲が悪くなるものがあります。このようなケースをよく精査すると、一方が境界性パーソナリティ障害であるケースがみられます。境界性パーソナリティ障害は別名、情緒不安定性パーソナリティ障害とも呼ばれ、強い自己否定と見捨てられ不安をもっています。

見捨てられる不安に苦しむパーソナリティ障害

感情の整理が苦手で、感情的な言動から人間関係を壊しがちです。幼児期の愛着障害が背景にあることも多く、例えば親の離婚のトラウマがあったりします。境界型人格障害がもつ見捨てられ不安は、根本には自己否定の意識があります。自分は愛されていない、自分には生きる価値がないといった思い込みをもっており、それが人格を障害しているのです。自己否定がなんらかの対人関係の破綻をきっかけに暴走するとリストカットなどの自傷行為をすることもしばしばみられます。

情緒不安定性パーソナリティ障害

特に、境界性人格障害の人が失恋したときはリストカットや睡眠薬の大量服薬などの自殺未遂を起こしたりします。これらの異常な行動の背景にある境界線パーソナリティー傷害に特有の見捨てられ不安を解除していくには、時間をかけて人格が成熟するまで周囲が育てなおしをするしかなく、そのために認知行動療法や家族療法などのカウンセリングを根気よく行うのです。境界性パーソナリティ障害はさまざまな依存症に陥りやすいという傾向があります。恋愛依存、パチンコ依存症や買い物依存症のほかセックス依存症にもなりやすいのです。薬物依存も多いです。

背景には愛着障害からくる強い不安と孤独感がある

対人関係の苦しみを自分から作り出してしまい、それを解決することから逃げ、依存行為により逃避してしまいます。親の離婚をトラウマとしておこるものだけではなく、ネグレクトされたり、束縛されたり、暴言や暴行を受けたために、情緒不安性パーソナリティ障害になるケースもあります。境界性パーソナリティー傷害では、自分と他人の境界が曖昧になり、人の言葉にすぐに傷つく一方、自分は平気で思ったことを口にしたりもします。見捨てられないために、必死でしがみつきをする結果、自分に気をひこうとしてリストカットや自殺をほのめかすのです。このため周囲はふりまわされ、疲弊してしまいます。

あわせて読みたい関連記事: