情緒不安定性パーソナリティ障害の原因と治し方

情緒不安定性パーソナリティ障害という診断をされる人も増えてきていますが、
実質的には境界性パーソナリティ障害と同じものと考えてよいです。
なぜ、このような名称の混乱がおこるのかといえば、診断基準が何度も変更されているからです。
情緒不安定性人格障害とはICD-10という文章で定義されたものです。
境界性パーソナリティ障害とほぼ同じ病態をさしている分類です。

科学的とはいえない精神疾患分類の診断基準の策定法

DSMなどの診断基準の中身は、決して科学的あるいは統計的な方法で
決められているわけでなく、アメリカの一部の専門家、それも製薬会社との癒着によって
利得を得ているような精神医学界の既得権益をもつ人々が、自分たちの都合のよいように
診断基準をころころと変えているからです。

たとえば製薬会社が、ある精神科薬を売りたいとすると、精神科医を使って、
診断基準を書き換えさせて、その薬の売り上げがあがるような診断基準を作らせるのです。
精神科医療は、製薬会社と一部の精神科医によって食い物にされている面もあります。

精神科の薬だけを妄信せず思考習慣や内面的悟りの部分を育てる

精神科医療の裏事情を知れば、精神科や心療内科に通院して、
薬を飲み続けることがいかに危険なことか、わかってきます。
認知のゆがみを健全化させることでパーソナリティ障害は治りますので、
認知療法や認知行動療法などの心理療法を受けて、
薬を使わないで治していく方法を選択してください。

愛情欠乏が根源にあることを理解し心の安全基地を育てよう

情緒不安定性パーソナリティ障害の人は幼児期から受け継いだ愛情に対する欠乏感を
抱えたまま成長してしまっていることが背景にあります。
その傷を癒して、愛情欠乏のために生まれている愛着障害や依存を解消して、
心の安定を自分で保てるように自己訓練を重ねる必要があります。

多くの心理療法、カウンセリング、コーチングなどのメンタルセラピーは、
対話と傾聴と提案によって思考の枠組みをリフレーミングして整えます。
古い思考様式から脱却して、自分を幸せにできる新しい思考様式を育てることで
あらゆるパーソナリティ障害は緩和され、問題とならないレベルまで改善するのです。

あわせて読みたい関連記事: