非認知能力

パーソナリティ障害

パーソナリティ障害は非認知能力が低い

パーソナリティ障害の人の特徴として、非認知能力が低いということがあげられます。非認知能力とは、数値化できない人間としての生きる力を意味するものです。対人関係を築く力や、くじけない力や発想を転換したり、物事を別な面から観察できる力などの諸能力...
スポンサーリンク