愛着障害

境界性人格障害 症状

強い自己否定と他者不信が境界性パーソナリティ障害の特徴

境界性パーソナリティ障害は、強い自己否定と他者不信が心の背景にある病気です。自分には生きる価値がないという観念がとても強いのです。見捨てられることへの過敏性があります。そして情緒が不安定です。これらは愛着障害を根本原因として発症しています。...
境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害と恋愛依存

見捨てられ不安と自己価値の低さが境界性パーソナリティ障害の人にみられる特性であり、これらの傾向は、恋愛依存症と呼ばれる状態を作り出す大きな原因となります。境界性パーソナリティ障害の人の恋愛が破綻する大きな原因が、「見捨てられ不安」です。 ...
自己愛性パーソナリティ障害

プライドが高すぎる自己愛性パーソナリティ障害

自分は特別な存在なので特別な扱いを受けるのが当然であると考えるのが、自己愛性パーソナリティ障害の特徴です。特別な自分には特別な称賛を受ける資格があると、思い込んで、他人に尊大な態度を取ります。そして相手の気持ちには無頓着です。 基...
スポンサーリンク
愛着障害

愛着障害の克服と家庭環境

リストカットやODなどの自傷行為は、自己破壊願望が根源にあります。これは、自己否定の観念であり、愛着障害の産物です。幼児期に十分な愛情表現を親から受け取れないと、このような自己破壊の観念の保持者つまり愛着障害になりがちです。これがパーソナリ...
愛着障害

愛着障害は治る~愛着の傷の修復

なりたい自分になることを決断することは、愛着の傷の修復に有益です。自分がどうなりたいのか。本当にしたいことは何なのか。それがわからないままに悩んでいるという人がいます。「心の病気であることを大切な人達に知らせておくほうがいいですか?」と質問...
愛着障害

愛情欠乏からおこる愛着障害・パーソナリティ障害

幼児期の愛情欠乏からおこるのが愛着障害です。愛着障害は、「保護、愛情への希求を無視されたことに対する反応としての社会的関係性の障害」と定義されています。幼児期の育児環境に由来するもので、両親からの愛情を十分に受けられなかった子供に発生します...
愛着障害

愛着障害とパーソナリティ障害と発達障害の関係

『発達障害と呼ばないで』 (幻冬舎新書)の中で岡田尊司氏は、精神科医や心療内科医などの医者は患者をすぐに「発達障害」と診断するが最新研究によると、その多くは真の発達障害ではなく、「愛着障害」にすぎないものが多いのだと述べています。パーソナリ...
愛着障害

愛着障害を克服するオキシトシンの働き

オキシトシンというホルモンの働きは愛着障害を癒す上で重要です。親切なコミュニケーションでオキシトシンの分泌が増し、愛着障害を癒すことができます。赤ちゃんが母乳を吸うと、母体では、オキシトシンというホルモンが、脳下垂体後葉という場所から分泌さ...
愛着障害

「愛着障害」治癒こそ「パーソナリティ障害」改善

愛着障害の治療で名高い精神科医、岡田尊司氏の「死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威 (光文社新書)」は、愛着障害こそが、あらゆるメンタルの不調の根源にあることを最新の研究結果を文献としてとりあげながら、解き明かしています。パーソナリティ障...
愛着障害

パーソナリティ障害や発達障害を改善させる鍵は愛着障害

愛着障害とは、幼少期の両親、母親との愛情関係が健全に育まれなかったために、自我の成長において、障害をきたしたものです。これがさまざまなパーソナリティ障害の遠因になっていると考えられています。また、発達障害の症状の出現にも一定の影響があること...
スポンサーリンク