人格障害

人格障害を予防するには

人格障害の増加を食い止める少子化対策とは?

人格障害(パーソナリティ障害)が、幼児期から思春期にかけての生育環境、特に両親、保護者にどのように接してこられたかが、重要な要素となって、発症していることがわかるほど、親学や子どもの育て方についての正しく普遍的な情報を普及させることが、社会...
スポンサーリンク