オキシトシン

愛着障害

パーソナリティ障害や発達障害を改善させる鍵は愛着障害

愛着障害とは、幼少期の両親、母親との愛情関係が健全に育まれなかったために、自我の成長において、障害をきたしたものです。これがさまざまなパーソナリティ障害の遠因になっていると考えられています。また、発達障害の症状の出現にも一定の影響があること...
愛着障害

「親切」は驚くほど体にいい

オキシトシンというホルモンの働きについてご存知でしょうか。幼児期にオキシトシンが不足すると、愛着障害そしてパーソナリティ障害になりやすいともいわれており、オキシトシンはメンタルの健全化に重要なホルモンです。人に親切にするたびに脳内で分泌され...
スポンサーリンク