パーソナリティ障害

「低い自己価値」「見捨てられ不安」の解消

パーソナリティ障害を持つ人の多くが抱えている認知の歪みとして、「低い自己価値」「見捨てられ不安」があります。この二つの認知の歪みは、多くのパーソナリティ障害に見られるばかりではなく、発達障害の傾向がある人も持っていることが多いです。パーソナ...
接し方

パーソナリティ障害の人とうまく付き合う方法

パーソナリティ障害をかかえる人とのかかわり方で大変重要なことが、常に中立的な態度で接するということです。パーソナリティ障害の人が憎む相手をいっしょに憎むということなく、また、パーソナリティ障害の人の敵になるわけでもなく、あくまでも中立的な態...
回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害を克服する方法

逃げて引きこもる回避性パーソナリティ障害 一説にはすでに300万人にも達したとされる「引きこもり」。この中には回避性パーソナリティ障害が原因の引きこもりがかなりの割合で含まれていると考えられています。回避性パーソナリティ障害があると...
スポンサーリンク
境界性人格障害 症状

境界性パーソナリティ障害は強い自己否定と他者不信がある

見捨てられることへの過敏さと境界性パーソナリティ障害 境界性パーソナリティ障害は、生きることに積極的な意味や自分の価値を感じることができないため、死にたいという気持ちを抱いていることも多く、人間関係で失敗したり、うまくいかないことが...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害は著しく偏った考えを持つ

誰でも持っているけど行き過ぎるとパーソナリティ障害 パーソナリティ障害は、精神障害がないが著しく偏った考え方を持つために対人関係がうまく作れないというものです。衝動性、感情の強さや幅、出来事に関する考え方、対人関係の取り方などが著し...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害は非認知能力が低い

パーソナリティ障害の人の特徴として、非認知能力が低いということがあげられます。非認知能力とは、数値化できない人間としての生きる力を意味するものです。対人関係を築く力や、くじけない力や発想を転換したり、物事を別な面から観察できる力などの諸能力...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害は治るのか?

パーソナリティ障害で悩んでいる人の多くが持つ疑問として、パーソナリティ障害は果たして治るのか、治せるのか、という疑問があります。古い精神医学では、人間の性格というのは簡単には変化しないものであり、「性格は治らない」といった表現がなされること...
愛着障害

パーソナリティ障害や発達障害を改善させる鍵は愛着障害

愛着障害とは、幼少期の両親、母親との愛情関係が健全に育まれなかったために、自我の成長において、障害をきたしたものです。これがさまざまなパーソナリティ障害の遠因になっていると考えられています。また、発達障害の症状の出現にも一定の影響があること...
情緒不安定性パーソナリティ障害

情緒不安定性パーソナリティ障害と心の安全基地

情緒不安定性パーソナリティ障害は、境界性パーソナリティ障害と重なる概念です。このタイプの人がもつ特徴は、一言でいうと「感情の整理」ができないのです。誰かに何かをいわれると、烈火のごとく怒り、あるいは激しく落ち込み、その結果、極端な行動をとり...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害と仕事について

パーソナリティ障害を抱える人から、こんな相談を受けることがあります。「採用されたとしても、うまく働く自信がありません。面接に行って不採用だったら、私はホッとするのです。働くことに逃げ腰なんですが、どうしたら良いでしょうか。うまく仕事をこなせ...
スポンサーリンク