二分思考

接し方

パーソナリティ障害の人への接し方

パーソナリティ障害と二分思考 パーソナリティ障害について知っておきたいことの中でも、接し方というのは 非常に重要です。パーソナリティ障害の人にどう接するかによって、 周囲の人の受けるストレスも大きく変わるからです。 パーソナ...
境界性人格障害 症状

境界型パーソナリティ障害と他責傾向

境界型(境界性)パーソナリティ障害のさまざまな症状の根源は人格の形成がアンバランスで幼児的素因が成長後も残っているという人格の未熟さにあり、改善する道はこの未熟さを解消することです。人格障害のある人の最大の特徴は、認知、感情、対人、衝動性の...
二分思考

何度も同じ過ちを繰り返してしまう

境界性パーソナリティ障害の人は、二分思考が根強くあります。いくら二分思考の問題点を教えても、そのときはわかったような反応をしても、しばらくするとまた元の思考様式に戻ります。そして、自分の意図に反する言動をした人を敵視して、激しく憎むことを繰...
二分思考

ジキルとハイド

ジキルとハイドという物語は、人格がまったく違う2つの側面をもつ、人に対しての比喩として、しばしば用いられます。境界型パーソナリティ障害においても、これにきわめて良く似た現象がみられます。まるで、ジキルとハイドのように言動がころころと変わるの...
境界性人格障害 症状

気分が両極端にブレる境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の人は、ものごとのとらえ方がいつも両極端です。これは幼児にも似ています。幼児も、ものごとをしばしば両極端にとらえますが、境界性パーソナリティ障害の人もこれと同じように、なんでも全か無で考えます。あるいは善と悪で考えま...
スポンサーリンク