幼児期の親との関係はパーソナリティ障害に関連している

人格障害を予防するには

境界性パーソナリティ障害は、ほかのタイプのパーソナリティ障害に
合併していることが多いです。たとえば、自分に対する自信が過剰になりすぎると、
自己愛性パーソナリティ障害になりますが、
自信が不足しすぎると、依存性パーソナリティ障害や回避性パーソナリティ障害になります。

依存性パーソナリティ障害とは、誰かに頼らないと生きていけない、
という思い込みにとらわれている状態です。
他人の顔色をみて、機嫌をうかがい、献身したりします。


スポンサードリンク

幼児期の環境がパーソナリティ障害を生み出す

依存性パーソナリティ障害も、自己愛性パーソナリティ障害も、
幼児期の環境が関与しています。
依存性パーソナリティ障害の場合は、横暴な親に支配されてビクビクして育った人に多いです。
あるいは子供のときから病弱な親や不安定な親の面倒をみていた人に多いです。

つまり、パーソナリティ障害の原因としてもっとも大きいのが、親の影響です。
親からの愛情や保護が必要なだけ得られたかどうかが重要です。

ネグレクト(育児放棄)はパーソナリティ障害の温床

育児放棄(ネグレクト)されたり、見捨てられる体験は、人格を不安定にして
傷つきやすくしてしまうのです。特に乳幼児期の環境が重要です。

克服させるには、本人の気持ちや意思を積極的に聞くようにし、
自分の意見を言えたら評価するという積み重ねが大切です。


スポンサード リンク

パーソナリティ障害の親は子供をパーソナリティ障害にしてしまう

強迫性パーソナリティ障害の親は子供を過剰に束縛する傾向があります。
それは子供を依存性パーソナリティ障害にさせやすいことがわかっています。
また、境界性パーソナリティ障害の親は、子供を育てる際にも、

相手をふりまわすような接し方をするため、子供も愛着障害になっていき、
やがては境界性パーソナリティ障害にさせやすいのです。

したがって子育ての方法をきちんと教育していくことが発症の予防につながります。
小学校や中学校や高校生の時に、学校の授業として、子育ての心理学や、
愛着障害に関する知識、パーソナリティ障害に関する知識などを教えることが
こうした精神疾患の患者を減らし、また、自己治癒を促進させることにつながるといえるでしょう。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサード リンク