境界性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害は他者を責める

自己愛性パーソナリティ障害は、敵とみなした相手を激しく攻撃します。強い劣等感を背景に周囲を敵視するのです。あなたは職場や学校、あるいはSNSなどのネットの場で、突然、誰かから、激しい非難を浴びせられたり、批判的なメッセージを送られたりした経...
うつ状態

人格障害も、うつ病も、精神科の薬では完治しない

うつ病は薬で治らないという事実を多くの精神科医は知っていて知らぬふりをしているようです。昨今、うつ病で休職している人も多いですが、うつ病が抗うつ薬では治らないケースはやはり多いです。10年、15年と、抗うつ薬を飲み続けているが何も変わらない...
人格障害を予防するには

0歳児保育を止めれば人格障害は減少する

厚生労働省は2016年の四月の時点で、保育園に入れない待機児童が、2万3553人。 潜在的待機児童が6万7000人存在すると発表しています。国の方針は0歳児保育を 増やしていくようです。待機児童は0歳から2歳の低年齢児が多いそうです。 ...
境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の「要素」があるだけの人

境界性パーソナリティ障害に関する本などを読むと、その特徴に関して、自分もこれにあてはまるんじゃないかと感じる人というのは意外に多いです。境界性パーソナリティ障害だけではありません。10種類あるパーソナリティ障害の解説を読むと、誰であってもそ...
人格障害を予防するには

国の政策がパーソナリティ障害を増やしている

パーソナリティ障害の多くは、愛着障害を背景として発生している可能性が極めて高いことがさまざまな専門家によって指摘され始めてきています。それはつまり、愛着障害というものを亡くしていく努力こそが、パーソナリティ障害の増加を食い止めることでもある...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害と人間形成障害

パーソナリティ障害とは人間形成障害であると考える専門家もいます。 人間形成障害とは、幼児期の生育環境における父性と母性の 愛情のバランスよい受け取りができなかった場合に、 人間形成が不完全なまま成長していくことで、発生するものとされ、...
BPDは治せる

パーソナリティ障害は現在では改善可能

多くのパーソナリティ障害は、現在では改善可能であると考えられています。 社会経験や人格鍛錬、そして加齢や心理療法など治療によって、 性格の偏りが少しずつ修正されて、偏りが次第に小さくなります。 すると、バランスのよい性格に改善していく...
境界性パーソナリティ障害

どこからが境界性パーソナリティ障害なのか

境界性パーソナリティ障害は、幼児期の愛着障害を背景に発症し、 見捨てられ不安が強いことと、低すぎる自己価値、強い自己否定の意識にとらわれた状態です。 恋愛などの対人関係が上手に構築できず、そのストレスから、リストカットや ODつまり薬...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害の10タイプ

「パーソナリティ障害」とは、性格の偏りがあまりにも 激しいために、周囲を苦しめるだけではなくて、自分自身も苦しんでしまう状態です。 それは日常生活にまで大きな差しさわりがあるものをさします。 ちょっと性格に偏りがあっても、日常生活...
情緒不安定性パーソナリティ障害

情緒不安定性パーソナリティ障害の原因と治し方

情緒不安定性パーソナリティ障害という診断をされる人も増えてきていますが、 実質的には境界性パーソナリティ障害と同じものと考えてよいです。 なぜ、このような名称の混乱がおこるのかといえば、診断基準が何度も変更されているからです。 情緒不...