他責傾向

境界性人格障害 症状

境界型パーソナリティ障害と他責傾向

境界型(境界性)パーソナリティ障害のさまざまな症状の根源は人格の形成がアンバランスで幼児的素因が成長後も残っているという人格の未熟さにあり、改善する道はこの未熟さを解消することです。人格障害のある人の最大の特徴は、認知、感情、対人、衝動性の...