境界性人格障害 症状

境界型パーソナリティ障害と他責傾向

境界型(境界性)パーソナリティ障害のさまざまな症状の根源は人格の形成がアンバランスで幼児的素因が成長後も残っているという人格の未熟さにあり、改善する道はこの未熟さを解消することです。人格障害のある人の最大の特徴は、認知、感情、対人、衝動性の...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害が増えている理由

日本でも人格障害(パーソナリティ障害)の人が増えている パーソナリティ障害というのは、障害という名称から受ける印象が、 精神障害のように受け取られることも多いですが、人格の未成熟な状態であり、 人格の成熟により症状が緩和されていく...
境界性パーソナリティ障害

ササッとわかる「境界性パーソナリティ障害」

境界性パーソナリティ障害治療についてよくわかる本です。どのように接していけばよいのかがわかります。京都医療少年院に長年勤務されていた経験豊富な精神科医である岡田尊司さんが治療の心構えから、円滑に人間関係を育てる周囲の接し方まで、障害を個性に...
スポンサーリンク
境界性人格障害 症状

被害者意識が境界性パーソナリティ障害の対人関係を困難に

境界性パーソナリティ障害の人は、対人関係がことごとくうまくいきません。その最大の理由は、何でも人のせいにするからです。自分はいつでも被害者の立場に立とうとし、あの人のせいでこうなった。この人にこんなひどい思いを味わわされた。といったことばか...
境界性パーソナリティ障害の原因

愛着障害が境界性パーソナリティ障害の誘因になる

境界性パーソナリティ障害について原因は、まだ十分に明らかではありませんが、その背景に愛着障害があることがわかってきています。愛着障害というのは、愛情不足のために人間不信や不安を生じ、他者との関係性の構築が適切にできないものをさします。発達期...
境界性人格障害 症状

パーソナリティ障害は恨みや怒りなどの思いで自滅しやすい

パーソナリティ障害をかかえる人は、自分の怨念で自滅していく人々といっても良いでしょう。たくさんのパーソナリティ障害の患者さんと接していく中で、自分の恨みの念、憎悪の念によってうつ病などのメンタルの病気になり、苦しんでいる人をみてきました。誰...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害の診断

人格障害(パーソナリティ障害)は、比較的新しい疾患概念であり、人間社会において大多数とは違う反応や行動をするグループを指しています。そのことで本人が苦しむか周りが困っている場合に診断がなされます。いつの時代にもその社会に適応できず、溶け込め...
BPDは治せる

境界性パーソナリティ障害を治すのに薬はいらない

境界性パーソナリティ障害の人は、精神科で、うつ病や双極性障害の診断を受けて、投薬治療を受けている状態にある人も非常に多いです。精神科医は、境界性パーソナリティ障害として取り扱うよりも、うつ病や双極性障害として薬物療法で管理するほうが楽なので...
BPDは治せる

境界性パーソナリティ障害の見捨てられ不安とどうやって戦うか

境界性パーソナリティ障害は、患者も周囲も共に苦しむようなところがあります。見捨てられ不安から、自分を責めて、自己価値をいっそう低く見立てることが境界性パーソナリティ障害の患者においてはしばしばみられます。統合失調症や双極性障害の診断を精神科...
境界性人格障害 症状

コントロールゲームと境界性パーソナリティ障害

心に原因があるなら心を治さないといけません。心は精神科医が治せると思ってますか?精神科医に治してもらうと信じてるかぎり薬から離れることは難しいです。精神科医に薬をもらうのは助走をつけるだけで、自分が主体的に治していくことが大切です。気の持ち...
スポンサーリンク