回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害と回避性愛着障害

回避性パーソナリティ障害とは、引きこもりの人によくみられるパーソナリティ障害です。家族など、ごく限られた人にだけ安定的な人間関係を築くことができるが、学校や会社など不特定多数の人が集まる環境を極度に恐れます。新しいことへの挑戦を避け、困難を...
愛着障害

パーソナリティ障害は「愛着アプローチ」で治す

パーソナリティ障害や発達障害と診断をすることはできても、その患者さんがかかえる問題を解決して、改善をもたらすことは、現在の医学的手法では困難です。特に境界性パーソナリティ障害などに、どれだけ、安定剤、抗うつ剤を処方したところで、本人の思考習...
接し方

職場のメンタルヘルスとパーソナリティ障害

職場にいるパーソナリティ障害の人との人間関係から適応障害となる人もいれば、発達障害の傾向があるためにコミュニケーションがうまくできず、ストレスを抱えて、うつ状態になる人もいます。職場のメンタルヘルス環境の改善は、メンタル不全を起こしやすい高...
スポンサーリンク
回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害と引きこもり

回避性パーソナリティ障害の人は、困難にぶつかるとそこから逃げることで対処しようとします。社会で困難にぶつかると社会から逃避するのです。こうして、うつ状態から引きこもりになるケースがあります。日本では引きこもりが30~40代に広がっています。...
うつ状態

うつ病になりがちなパーソナリティ障害

パーソナリティ障害を持つ人は、社会生活に大きなストレスを感じるため、うつ状態になることが多いです。うつ状態になってメンタルクリニックを受診すると、医師は、うつ状態についての問診をします。そして、二週間以上のうつ状態が認められると、医師は、う...
パーソナリティ障害

サイコパス(反社会性パーソナリティ障害)

サイコパスという言はあ定義があいまいです。その最大の特徴が反社会性パーソナリティ障害がこの中に含まれているということです。サイコパスと反社会性パーソナリティ障害は完全に一致している言葉ではなく、サイコパスの中で、障害レベルまで重篤なものが反...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害とマインドフルネス

認知行動療法が見直されています。保険診療でも受けられるようになったこの療法で、うつ病やパニック障害などの不安障害が治るとされています。例えば、自分の心を他人事のように眺めるマインドフルネス。これはブッダが二千六百年前の昔に提唱したものと同じ...
自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害の母親と毒親

自己愛性パーソナリティ障害とは、自己中心性が極めて高いパーソナリティスタイルを持っています。このような傾向がある人は、幼児期に愛着障害になるような育てられ方をしていることがほとんどです。愛情欠乏を強い自己愛性の思考により癒そうとする無意識の...
うつ状態

パーソナリティ障害は「うつ病」になりやすい

パーソナリティ障害(人格障害)の傾向があると社会生活にストレスを感じ、それが原因でうつ状態になることがしばしばあります。この場合に役立つのが、認知行動療法です。そもそも、海外では、認知行動療法は、うつ病のほかパーソナリティ障害の治療などにも...
人格障害を予防するには

共働き家庭のほうがパーソナリティ障害を生みやすい?

「男女共同参画社会に関する世論調査」で「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」と考える人が、2009年の前回調査に比べ、10・3ポイント増の51・6%となったそうです。そもそも、共働きで子どもがいない家庭は、このような問題はあまり関係ありませ...
スポンサーリンク