境界性人格障害 症状

境界性人格障害 症状

境界型パーソナリティ障害と他責傾向

境界型(境界性)パーソナリティ障害のさまざまな症状の根源は人格の形成がアンバランスで幼児的素因が成長後も残っているという人格の未熟さにあり、改善する道はこの未熟さを解消することです。人格障害のある人の最大の特徴は、認知、感情、対人、衝動性の...
境界性人格障害 症状

被害者意識が境界性パーソナリティ障害の対人関係を困難に

境界性パーソナリティ障害の人は、対人関係がことごとくうまくいきません。その最大の理由は、何でも人のせいにするからです。自分はいつでも被害者の立場に立とうとし、あの人のせいでこうなった。この人にこんなひどい思いを味わわされた。といったことばか...
境界性人格障害 症状

パーソナリティ障害は恨みや怒りなどの思いで自滅しやすい

パーソナリティ障害をかかえる人は、自分の怨念で自滅していく人々といっても良いでしょう。たくさんのパーソナリティ障害の患者さんと接していく中で、自分の恨みの念、憎悪の念によってうつ病などのメンタルの病気になり、苦しんでいる人をみてきました。誰...
スポンサーリンク
境界性人格障害 症状

コントロールゲームと境界性パーソナリティ障害

心に原因があるなら心を治さないといけません。心は精神科医が治せると思ってますか?精神科医に治してもらうと信じてるかぎり薬から離れることは難しいです。精神科医に薬をもらうのは助走をつけるだけで、自分が主体的に治していくことが大切です。気の持ち...
境界性人格障害 症状

境界性パーソナリティ障害は物事の選択基準が常識からかけ離れている

境界性パーソナリティ障害の人の中には、発達障害をあわせもっている人がいます。 ADHDであることが多いですが、こうしたケースに見られるのが、 人生の選択の価値判断がきわめて近視眼的になるという特徴です。 これはどういうことかという...
境界性人格障害 症状

自分に甘く他人に厳しい境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害の人の特徴のひとつに、他者批判があります。他者を批判することが巧みで、相手の落ち度をすかさず指摘しては糾弾します。たとえば自分が物事を間違っていたことを誰かが指摘してくれて、それで過ちに気が付くような場合、ふつうの人...
境界性人格障害 症状

境界性パーソナリティ障害は何でも人のせいにする

境界性パーソナリティ障害の人は、人間関係における諸問題が生じると、すぐに人のせいにします。自分が選んで行動しているのにもかかわらず、それさえも人のせいだと決めつけ、他者批判にすり替えます。例えば、恋愛におけるトラブルの場合であれば、恋愛感情...
境界性人格障害 症状

悲観的予言という認知のゆがみ

境界性パーソナリティ障害の人はさまざまな認知における歪みを持つことが特徴ですが、そのひとつに、「悲観的予言」があります。これは自分の未来をなんでもかんでも、悲観的に予測するものです。ものごとを悪いほうに悪いほうに考えるのです。チャレンジをし...
境界性人格障害 症状

人格障害とパチンコ依存症

境界性パーソナリティ障害の人には、パチンコ依存症や薬物依存症などの依存症状に苦しむ人が多いです。パチンコは、依存性があることは医学的にも証明されており、病名、パチンコ依存症として確立されています。孤独感や虚無感をパチンコや薬物でまぎらわせよ...
境界性人格障害 症状

境界性パーソナリティ障害の恋愛

恋愛が長続きしないのが境界性パーソナリティ障害の特徴の一つです。そもそも自分に自信が持てないという精神状態から恋愛をするので、いつも見放されるのではないかと不安をかかえています。恋愛が深まるにつれ、気分にムラがあり、落ち込みやすいなどの不安...
スポンサーリンク