人格障害を予防するには

人格障害を予防するには

共働き家庭のほうがパーソナリティ障害を生みやすい?

「男女共同参画社会に関する世論調査」で「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」と考える人が、2009年の前回調査に比べ、10・3ポイント増の51・6%となったそうです。そもそも、共働きで子どもがいない家庭は、このような問題はあまり関係ありませ...
人格障害を予防するには

0歳児保育を止めれば人格障害は減少する

厚生労働省は2016年の四月の時点で、保育園に入れない待機児童が、2万3553人。 潜在的待機児童が6万7000人存在すると発表しています。国の方針は0歳児保育を 増やしていくようです。待機児童は0歳から2歳の低年齢児が多いそうです。 ...
人格障害を予防するには

国の政策がパーソナリティ障害を増やしている

パーソナリティ障害の多くは、愛着障害を背景として発生している可能性が極めて高いことがさまざまな専門家によって指摘され始めてきています。それはつまり、愛着障害というものを亡くしていく努力こそが、パーソナリティ障害の増加を食い止めることでもある...
人格障害を予防するには

幼児期の親との関係はパーソナリティ障害に関連している

境界性パーソナリティ障害は、ほかのタイプのパーソナリティ障害に 合併していることが多いです。たとえば、自分に対する自信が過剰になりすぎると、 自己愛性パーソナリティ障害になりますが、 自信が不足しすぎると、依存性パーソナリティ障害や回...
人格障害を予防するには

境界性パーソナリティ障害と引き寄せの法則

日本の自己啓発系分野での大きな一角を形成してブランド化している作家、松下幸之助氏や中村天風氏、安岡正篤氏など。もう一世代前では『西国立志編』の中村正直、その前は吉田松陰。こうして時代、時代に、人々の意識高い方向へ導く導師が出現するのもこの日...
人格障害を予防するには

人間形成障害

増加している人格障害の患者達。パーソナリティ障害は、あきらかに人格形成が未熟なままで停止したものである。その証拠に認知行動療法をはじめとする心理療法で、患者が自己のパーソナリティの未熟さに気がついて、その克服を目指し始めると、これらの障害が...
人格障害を予防するには

人格障害の増加を食い止める少子化対策とは?

人格障害(パーソナリティ障害)が、幼児期から思春期にかけての生育環境、特に両親、保護者にどのように接してこられたかが、重要な要素となって、発症していることがわかるほど、親学や子どもの育て方についての正しく普遍的な情報を普及させることが、社会...
スポンサーリンク