人格障害とパチンコ依存症

境界性パーソナリティ障害の人には、パチンコ依存症や薬物依存症などの依存症状に苦しむ人が多いです。パチンコは、依存性があることは医学的にも証明されており、病名、パチンコ依存症として確立されています。孤独感や虚無感をパチンコや薬物でまぎらわせようとするパーソナリティ障害の人の弱さをついて、パチンコ産業は大きな利益を出しているのです。おおむね130万人のパチンコ依存症患者がいて、その家族もまた苦しんでいます。平均、一日三万円ぐらいすぐに使ってしまうというパチンコは、社会問題として、今後、考えていかねばなりません。

パチンコ依存症

驚いたのは2006年に韓国はパチンコを全廃したことです。全廃というのはたいへん思いきったことです。巨大産業の反対もあったと思いますが、韓国ではマスコミと警察がしっかりしていたのでしょう。日本ではコマーシャルで朝から晩まで流れていますし、大手スポンサーといえばこの産業となっています。境界性パーソナリティ障害の患者さんだけではなく、日本国民の将来を考えた時、非常に危険な状態だと思います。本書は、ぜひ、多くの人の知るところとなってほしい本です。


スポンサード リンク


パチンコに日本人は20年で540兆円使った (幻冬舎新書)

あわせて読みたい関連記事:


スポンサード リンク