境界性パーソナリティ障害と引き寄せの法則

人格障害を予防するには

日本の自己啓発系分野での大きな一角を形成してブランド化している作家、松下幸之助氏や中村天風氏、安岡正篤氏など。もう一世代前では『西国立志編』の中村正直、その前は吉田松陰。こうして時代、時代に、人々の意識高い方向へ導く導師が出現するのもこの日本という国のすばらしい潜在力なのでしょう。


スポンサードリンク

学問の力で人生を幸せに生きるという発想

時代を反映して、最近のものは、よりシンプルに、より簡素に、より単純に自己実現の定理を説明してくれるものが多くなっています。基本は「肯定的思考」つまり「感謝」「肯定」「幸福感」といった視点を過去、現在、未来のすべての自己認識する世界の中に見出し、焦点をあてるものです。原則はいたってシンプルで心に思うことが引き寄せられるという、「引き寄せの法則」「類友の法則」の理解をベースにしているものです。こうした考え方の工夫は境界性パーソナリティ障害の人の認知の歪みを解消するのに役立ちます。


スポンサード リンク

引き寄せの法則とは人生哲学の世界から出てきたもの?

しかし、この法則を現実の生活のいろいろな場面に適応するのはなかなかに困難であり、「考え方の工夫」が求められます。それは普通の人にはむずかしい面もありますので、わかりやすい具体例をあげての解説があると悩みをもつ人がおおいに助かるのです。読者を自然に思考の改善訓練に導いてくれる趣向です。今、自分の環境や過去のことで悩み、苦しんでいる人にとってはすぐに役立つ本です。境界性パーソナリティ障害を抱えている人も自己啓発的な書籍を読んで、困難を乗り越えることも多いようです。

自己啓発本は境界性パーソナリティ障害を癒す手助けになる

思考の偏りや歪みがすみやかに修正されて、明るく前向きな発想が取り戻せるようになっている良書です。学校の先生たる人は全員が知っておくべきです。そうでないと子どもをよりよく導けません。会社経営者や管理職の人にとっても役立つ内容です。部下を導く大原則がわかるでしょう。境界性パーソナリティ障害を克服するうえで読書の力というのは大きいのかもしれません。

あわせて読みたい関連記事:


スポンサード リンク